ビットコイン取引所 | コインチェック(CoinCheck)かビットフライヤー(Bitflyer)か?

ビットコイン取引所のおすすめはビットフライヤー(Bitflyer)? コインチェック(CoinCheck)?

 

仮想通貨の取引所をどっちにするか?

 

結論から言ってしまえば、ビットフライヤーとコインチェックの両方に口座を作っておいたほうが良いです。

 

複数の取引所に資金を分散しておけば、メインで利用している取引所にもし何かのトラブルが起こっても
リスクの回避ができますので、複数の取引所を持っていたほうが良いでしょう。

 

私も両方口座を持っていますが、
どうせ、口座を作るのにはお金はかかりませんし、
同じ日の同じ時間でもビットコインの価格が微妙に違いますし、
刻一刻と上がったり下がったりしています。

 

ビットフライヤーのログイン画面

 

コインチェックの新規登録画面

 

これは、口座開設しなくても見れますから、試しに見てください。

 

とりあえず、取引所は一つでいいよ。というのでしたら、

●今後、取引額が大きくなりそうな方は、ビットフライヤー(Bitflyer)
●ビットコイン以外のアルトコインにも興味がある。
というのでしたら、コインチェック(CoinCheck)

がいいと思います。

 

ビットフライヤー(Bitflyer)は、世界第2位の取扱高で、CMなどもやり知名度があります。
しかし、ビットコイン以外のアルトコインの取り扱い種類は少ないです。

 

その逆に、コインチェック(CoinCheck)は取扱高は少ないですが、
ビットコイン以外のアルトコインの取り扱い種類は豊富にあります。
(「イーサリアム」「リップル」「ネム」「モネロ」「ライトコイン」等)

 

しかしながら、コインチェックは、
この規模で世界19位の取引量を誇っているということは、それだけ魅力的な取引所だ。
ということがいえるかもしれません。

 

 

ビットフライヤー(Bitflyer)の取り扱いアルトコイン

 

コインチェック(CoinCheck)の取り扱いアルトコイン

 

 

取引所の中に入るとわかると思うのですが、
どちらかというと、ビットフライヤーよりもコインチェックのほうが、
シンプルで全体的に見やすく、わかりやすい構成になっています。

 

また、ビットコインの支払い等に欠かせないのが
「ビットコインウオレット」と呼ばれるアプリのお財布なのですが、
ビットフライヤーは使い勝手が悪い。と、あまり評判がよくありません。

 

アプリの使いやすさは、
ビットフライヤーよりコインチェックの方が使いやすい(見やすい)ですね。
2社とも改善をしていくでしょうから今後はわかりませんが、
現時点ではコインチェックの方が使いやすいです。

 

 

取引所の特徴として手数料がかかるのは、出金する場合になります。

●ビットフライヤー(bitFlyer)は、
現在、外部アドレスへの送付手数料は 0.0005BTC となります。

 

●コインチェック(coincheck)は、
現在、ネットワークの混雑により送金手数料を 0.0005BTCから0.001BTCに変更中です。

今後、変更になる可能性もあるので、よく確認してください。

 

 

ビットコインの入出金や決済は、ウォレットの入金用アドレスに送金を行います。

 

これはアプリを開くとわかると思うのですが、コインチェックの方が直感的で使いやすいですね。
ビットフライヤーは、ちょっとゴチャゴチャしている感じがします。

 

ということで・・・

 

先にも言いましたが、使いやすさ、わかりやすさ。
アルトコインの種類の豊富さ。

 

などを考えると、
まずは、コインチェック(CoinCheck)に口座を開設するのがいいのではないかな。
と、思います。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 コインチェック

 

 

 

 

 

 

 

 


コインチェック 登録方法 | 実際にコインチェックに登録しました

 

それでは、コインチェックの口座開設が初めての方のために
コインチェックの登録の方法を説明しましょう。

 

コインチェックの登録は、「本人確認書類」(パスポートや免許証)さえ用意しておけば、簡単にできます。

 

 

「メールアドレス」又は「Facebook」で登録ができますが、
ここでは「メールアドレス」で登録する方法を説明します。

 

●コインチェックの新規登録画面へ行きます。コインチェック新規登録画面
メールアドレス・パスワードを決め入力、オレンジ色の「アカウント作成」をクリック。

 

●登録したメールアドレスにこのようなメールが届きますので、このリンクをクリック。

 

●ログインしたら、上にある「入金」をクリック。

 

●このような画面になりますので、お使いのスマホの電話番号を入力。青色の「SMSを送信する」をクリック。
電話番号認証を行います。

 

スマホの「認証コード」が送られてきますので、
それを「認証コード欄に記入」して「認証する」をクリックします。

 

●その後、緑色の「本人確認書類を提出する」をクリック。

 

本人確認ページに行ったら、準備しておいた「パスポートや免許証」の画像をアップするか、
そのページで写真も撮れますから、青色の「カメラを起動」をクリックし、画像をアップ。

 

 

名前、生年月日、住所等の必要事項をを記載し、「本人確認書類を提出する」をクリックして終了です。

 

私の場合は自動車免許証でしたが、
「免許証の表」と「免許証の裏」の画像と
「自分の顔と免許証が一緒に写っている画像」(免許証にピントを合わせて写真を撮る)
が必要になってきます。

 

本人確認書類を提出してから、平日だと数時間で「承認メール」が届きます。

 

この時点では、『入金、売買』のみが利用可能です。

 

その後、コインチェック株式会社より郵便物が届きますので、
その郵便物を受け取って初めて、コインチェックの全ての機能が利用可能となります。

 

 

 

今後、ますます、仮想通貨は盛んになるでしょうから、
今のうちに、まだ取り組んでいる人が少ないうちに、
簡単なので、まずは登録してビットコインはじめアルトコインについて触れる回数を増やして
どっか〜ンと儲けていきましょう!

 

ビットコイン取引所 コインチェックに登録しに行く

 

 

 


仮想通貨のビットコインやイーサリアムは儲かるのか?

 

仮想通貨(暗号通貨)が今、人気になっていますが・・・・・

 

ビットコイン「Bitcoin」が代表格ですが、イーサリアム「Ethereum」やリップル「Ripple」などの
他の仮想通貨(アルトコイン)を合わせると1,000種類〜2,000種類とも言われています。
(実際に利用されているのは、500種類位?)

 

仮想通貨を作るのは、簡単だからですね。
私たちが普段使っている普通のお金にように、現物があるわけではないからです。
仮想通貨のシステムを作る「お金」があればいいわけです。
とは言っても、システムを作るにはそれなりの「お金」がかかるわけですから、
その「お金」があれば簡単という意味ですが。

 

 

以前、ビットコイン取引大手の「マウントゴックス社の破綻」のニュースなどもあり、
そういったことからか、日本では「ビットコインは終わった」「ビットコインは危ない!」
なんて思っている人がほとんどではなかったでしょうか。

 

ところが、ここ数年前から日本でもたびたび話題に上り、
特に最近では、仮想通貨の取引所のビットフライヤー(bitFlyer)のテレビコマーシャルの影響もあってか
すさまじい勢いでビットコインやアルトコインの取り引きをはじめる方が増えています。

 

ビットコインは怪しい。とか危ない。とか言われていましたが、
「マウントゴックス社の破綻」についても、別にビットコイン(仮想通貨)が悪いわけでもなく、
理由は色々あるようですが、1取引所の不正やシステムの不備などにより問題になっただけです。

 

今、現在では日本国内でもビットコインを利用できる企業も軒並み増えてきており、
今後ますます加速して行く様相ですね。

 

何といっても、ビットコインが急に注目されたのは、5月の急激な上げ幅ではないでしょうか。
数年前にビットコインを購入して、ビットコインを持っていて最近に売った方は、今頃、ウハウハ、ウハウハ、でしょう。

 

私の周りでも数千万円儲けた方がいます。

 

 

今も、ビットコインに限らず、他の仮想通貨(アルトコイン)でも同じような現象は起きています。
(なぜなら、今のところ価格の上下の基本はビットコインですから)
※ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインといいます。

 

仮想通貨バブルとでも言いましょうか。

 

バブルよ、もう一度! なんて思っている方もいるのかもしれません。

 

また、あの日本の経済バブルを体験できなかった年齢層が、バブルを味わいたいのかもしれませんね。

 

そのあたりを考えて、第2、第3のビットコインのような波に乗ろうと、 
日本では大手の取引所ビットフライヤーにも口座開設をしようと、皆さん押し寄せているようで、
ビットフライヤーからも【カスタマーサポート対応の遅延について】というお知らせが届いているほどです。

 

 

今までFX取引をやっていた方が、仮想通貨の流れを見て、始める方も多いようですね。
しかし、詐欺みたいな仮想通貨もあるようですから気を付けてください。

 

ビットフライヤーの口座開設申込者の『銀行口座情報の登録内容の不備』などの原因が多いようですから、
口座開設をしようとしている方は注意してください。

 

ビットフライヤーでもカスタマーサポートの人員を大幅に増やして順次対応を行っているようですが、
なるべく落ち着いて、口座開設をしてくださいね。

 

最近は1ビットコインは50万円位になっています。
とにかく、動きが激しい。 これで、ガッポ、ガッポ、儲けている方も多いのでしょうね。

 

 

さあぁ、あなたはどうしますか?

 

ビットコインなど、今人気の仮想通貨を取引をしたい!
そのように思っている方も多いはず。

 

ビットコインの取引所は、ビットフライヤー(Bitflyer)
それとも、コインチェック(CoinCheck)

 

日本での仮想通貨の取引所の有名どころはこの2つ。

 

取引所の口座開設だけするなら、1円もかからず、数分で簡単にできますし、
相場など刻一刻と変動するリアルタイムチャートなども見れますから、勉強になりますし、面白いです。

 

仮想通貨バブルが終わらないうちに。
あなたも取引所の口座を開設して、仮想通貨で儲けちゃう?

 

あなたは、指をくわえて見ている慎重派ですか? それとも、ウハウハ派ですか?

 

 

いずれにしても・・・・・

 

行動を起こさなければ何も始まりません。

 

ビットコインの分裂騒動などありましたが、今のところ危ないといこともないですし、
最近ではビッグカメラや丸井グループなど、ビットコインを使えるところも拡大してきていますし、
銀行も参入してきていますね。

 

それならば!

 

と、ビットコインやアルトコインを購入する方が、急増中ですね。

 

ビットコインもまだまだ値上がりするだろう。という見方が多いですが、
アルトコインはまだ安いものが多いですから、そちらのほうの一気の値上がりに賭ける。
という方も多いようですね。

 

 

そこで問題なのが、取引所をどこにするか?

 

日本では、ビットフライヤー(Bitflyer)かコインチェック(CoinCheck)にすれば間違いないでしょう。

 

先のことは誰にもわかりませんが、
これから先しばらくは、仮想通貨が熱いことはほぼ確実視されています。

 

ということは・・・・・

 

仮想通貨を購入するのは早ければ早いほどいい。ということになります。

 

仮想通貨の今後は、値上がりする可能性が非常に高いですからね。

 

先ずは、簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck